戦場の居酒屋

凋落のレプリカ

近所にフ〇ッセイってスーパーがありましてね、わたくしもよく利用するわけですが・・・
生鮮食品やお惣菜から鍋などの金物、店内に焼きたてベーカリーなパン屋さんも供えてるこの店ではほとんどのものが揃ってしまう、まさにないものはない店。
そんな中、よく買うものと言えばカットパインやグラム68円のお肉に2リットルボトルのお茶、それからたまーにポテトチップスなんかも食べたくなりますよね?
先日も急にポタートチップスが食したくなった我輩、お菓子売り場に足を運んでみると・・・なにやら普段からみて明らかに異質な空気が流れている。
子供たちの天国であるべきこの場所に、何故か作業服を来た従業員3人が、「おんどれまじぶっ殺したろかい?」とでも言うような表情で黙々と作業をしているのです。
チョコレートやキャンディーの棚から次々に商品を乱雑にトレーへと移しかえ・・・

察しのいい人はもうそのトレーの中身にお気づきでしょう。
ご推察の通り、正にその瞬間彼らが表舞台から摘発していたその商品、そのメーカーこそ、今話題騒然の不二家に他なりません。
賞味期限切れ牛乳を製品材料に使っていた不二家・・・私たち消費者から見れば「その程度の事」であっても、その商品を取り扱うお店側としてみれば信用を裏切られた形になり、また、その商品を販売してしまえば今度は自らがお客の信用を裏切ってしまう事になる。
彼らの怒りは私たちとは比べ物にならないでしょう。(でもうちの店普通に売ってるような・・・)

でもだからと言って子供が手に取ろうとしてる商品横からひったくるのは勘弁してあげてよ。いや、気持ちはわかるけどさ!!

しかしそういった事情を抜きにして考えてみれば、今まで安定した質で消費者から高い評価を受けていた不二家商品、それがもう食べれなくなってしまう・・・
ミルキーはママの味、といった親しみ深いフレーズが、今は蛇蝎の如く嫌われている。
盛者必衰とは平さんちの物語でも謳われていますが、なんとも物悲しいものです。
普段はカントリーマアムをたまに食べるくらいの私ですが、そう思うが刹那まだ彼らの手が届いていないオススメコーナーに鎮座する(てかまずここから手入れるべきじゃないだろか)LOOKチョコレートを2箱、それからカントリーマアムもまた一袋をかごに放り込みました。
普段は明治からでてる赤い箱のくらいしかチョコレートは食べないんですが、こうした機会があって始めて口にしたこのLOOK、とてもおいしゅうございました。
しばらくは店頭からなくなっちゃうだろうけど、販売再開した暁には是非買いたいとおも・・・











シュークリームの細菌数は「無限」…不二家札幌工場で記録見つかる

落としたお菓子、3秒以内に戻せば販売OK」“不二家・3秒ルール” パート従業員が証言






不二家のチョコレート箱に蛾の幼虫、卵
旭川市内のスーパーで昨年十月に販売された大手菓子メーカー「不二家」のチョコレート製品にガの卵と幼虫が混入していたことが十八日、分かった。不二家は「工場の製造ラインで混入したと思われる」として同月中に購入者に謝罪したが、同一製品の回収は行わず、保健所にも届け出ていなかった。




「おんどれまじぶっ殺したろかい?」
[PR]
by yakitorimonger | 2007-01-20 04:20 | ROと関係ねぇじゃんか!!!
<< 厚顔無恥の見本市 バザーカーニバル >>



ハンサムな焼き鳥屋
カテゴリ
全体
このブログについて
ケミ
リンカー
イベント参加
ROと関係ねぇじゃんか!!!
重要なお知らせ
全体的な変更点
リンク
未分類
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧